ラッピング車両のメリットとは?

ラッピング車両のメリットとは? カーラッピングとは、インクジェットプリンターでプリントした出力したフィルムを車体に貼り、デザインする装飾方法です。
主に、バスやトラック、営業車などに施され、企業や商品の広告手法としてよく使われています。
しかし、カーラッピングのメリットは、広告効果だけではありません。まず、コンピューターを使用するため、フルカラーで自由なデザインが可能です。
グラフィックソフトで自分で描いたイラストや文字、撮影した写真を出力し、使用することも可能です。実際に、欧米では高級車をメーカーの純正色にない好きな色でカラーリングする利用法が普及しています。
また、カーボン調や木目調など、塗装では難しい表現が可能となります。更に、最大のメリットとして、塗装とは違い、剥がせばいつでも元に戻せることが挙げられます。
万が一、車を手放すことになっても、査定に影響を与えることはありません。むしろ、ボディを飛び石や直射日光から護ることができるため、塗装面の保護にも役立ちます。

自宅でDIY!車をラッピングする際のポイント

自宅でDIY!車をラッピングする際のポイント 車のラッピングには難しいイメージがありますが、注意するポイントを押さえることにより、自分でDIYを行うことができます。
まず、明確な購入計画を立てるという重要なポイントがあります。初心者の方にありがちなこととして、施行を始めてからフィルムが足りない事態に陥るケースがあります。逆に、フィルムが余り過ぎてしまう場合もあります。
そのため、適度なフィルムの量を把握してから購入するように注意しなければなりません。次に、車を隅々まで洗車するというポイントがあります。
ラッピングにとって、油分やワックスは大敵です。油分がある場合には、粘着剤でしっかりとフィルムを粘着させることが難しくなります。
更に、ポストヒーティングと呼ばれる後熱処理を忘れてはならないポイントもあります。ラッピングを施した祭には、フィルムが伸びたり縮んだりする熱可塑性による現象が起こり、場合によってはフィルムが縁から剥がれ落ちます。
ポストヒーティングを施すことで、熱可塑性によるフィルムの剥がれ落ちを防ぐことができます。



新着情報

◎2017/10/17

ラッピング車両のメリット
の情報を更新しました。

◎2017/8/22

ラッピングフィルムの耐久性
の情報を更新しました。

◎2017/6/21

価格と耐久性
の情報を更新しました。

◎2017/4/26

車の宣伝効果
の情報を更新しました。

◎2017/2/7

車のラッピングのやり方
の情報を更新しました。

「車 メリット」
に関連するツイート
Twitter

初めて家からベイサまで運転した🚗 ³₃ 阪神高速が、怖すぎ😨😨😨 一人でやったらでは絶対行かへん。 でも、で行くとメリットありすぎて楽やった…🤗 金はめちゃボラれるけど←

今日は京都市内の観光に自転使ったけど、実はあまりオススメできない。 なぜかと言うと"停める場所がない" 気になるお店があっても直ぐ脇に停められない。公共の駐輪場も少ないし。 有料の駐輪場に停めてたら安さのメリットもあまり意味がなくなってた。 バス電1日乗り放題チケットの方が断然良い

Twitter金剛さんとカジカガエル@kazika

返信 リツイート 59分前

RT @NoREGRETzero: フィットには「所詮フィットだろ」とか言ってるスポ小僧を油断させるメリットがある。油断してるところをスーチャ-のレスポンスとパワーで引き離す。 ……卑怯だって?控え目な外観も性能のウチさ。 pic.twitter.com/Ig1rSFWGnE

世間が休日なのに出勤するメリットは通勤時他のが少なくてかなり楽 デメリットは休日に出勤してること

で行くか悩む のほうが圧倒的に楽なんだけど、駐場、高速、ガソリンと電で行くときの4倍近くお金かかる ただ、閉園ギリギリまでいられるし、帰りが楽というメリットがなあ。

返信先:@w4nOUHFTey9RQ4L 自転のほうが利益は出ると思いますが、長い時間やればやるほど疲れると思います。 バイクだと自分の体の疲れに関係なく稼働できるのがメリットかと思います。

Twitter近藤チャンネル@YouTuber@kondou01234

返信 リツイート 昨日 23:06

次期86/BRZ登場は1年半後!! いまわかっているすべて | 自動情報誌「ベストカー」 bestcarweb.jp/news/scoop/939… 次期モデルには正直期待していなかったが、むしろ400ccアップによるメリットの方が大きそうだ。 こうなると逆に待ち遠しいし、夢を諦めずに済みそうだ。

ぷらっとこだま、グリーン利用で京都→新横浜が13000円ってのは嬉しい。 のぞみなら2時間程度の所要時間に対しこだまは3時間20分の行程となるのだが、折角のN700系のグリーンを倍近い時間堪能しくつろぐ事が出来ると思うと使う側としてはメリットしか無い。

返信先:@infinity_0417 確かに・・・・あのに価値がるのかと思う かまったところでメリットが無い

返信先:@Tomoya1421 切った貼ったがしやすそうでは有りますが… パイプフレームにして軽くなるならメリットあるんでしょうか。